【放課後ていぼう日誌】は釣りの魅力が詰まった日常コメディ  1〜3話感想

出典:TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト
PVアクセスランキング にほんブログ村

5月も中旬でだんだん夏の香りがしてきましたね。あったかくなるとヤサイマンとしては

釣りに行きたくなってしまうのです。

釣りのいいところっていうのは色々あるんですがヤサイマンとしてはロケーション!

自然の中に身を置いて輝く朝日を眺めながらする釣りには、魚が釣れなくても行って良かったと思うことが出来る素敵な時間です。

今回は現状3話で放送延期になっている

2020年春アニメ【放課後ていぼう日誌】

たった3話なのに釣りの魅力がブリブリに詰まっているのと釣りを知らない人にもおすすめ出来る柔らかい内容だったので3話までの感想を書きたいと思います。

作品概要

原作小坂泰之
監督大隈孝晴
制作動画工房
話数放送延期中 現3話 

あらすじ

都会から田舎に引っ越してきた鶴木陽渚は、

生き物が苦手なインドア派。

手芸部に入って楽しい高校生活を過ごす予定が、

散歩中に黒岩悠希と出会ったことがきっかけで

謎の「ていぼう部」に入部させられてしまい、

釣りをはじめることに…。

個性的な部員たちに囲まれて、

陽渚の高校生活どうなるの!?

TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト

1〜3話までの感想

※原作未読の為結末等はわかりません。

都会で暮らしていた主人公は親の転勤に伴い田舎の家に引っ越すことになった。

学校も変わり不安とわくわくの中初めは手芸が得意なので手芸部に入るつもりだったがひょんなことから堤防部へ入部することに!


TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト

釣り未体験のおどおどしさとおっきい魚が怖いってところがかわいい笑

アニ猫

女の子ってこんな感じの子多いのかな?

そもそも名前が堤防部っていうのがなんか渋いですね笑 主人公の父親曰く、父さんの時からあったぞ堤防部!といっていたので中々の歴史

そのあとは釣竿やリールの紹介、仕掛けや糸の結び方にルアーアクション等本当に丁寧な解説が入りつつ話は進んでいきます。

ジャンルは日常のほほんコメディ?釣りを楽しむ主人公の日常を描いた作品なので別に笑えるシーンとかありませんが釣りをするお父さんがお子さんなんかと見るのもいいかなと!

年齢問わず家族で見ても面白いです!

ながら見とかに最適ですねこれは

アニ猫

ながら見ってなに?って方には解説も兼ねておすすめアニメ貼っときます!ながら見の説明も書いてますので是非!

印象に残った場面としては第3話の吊り上げたマゴチを調理するシーン

『釣った本人が締めるのは釣った責任』

当たり前だけどきっと初めて魚を締めるのは少し勇気がいるだろうなぁなんて思いました。

※ヤサイマンも釣った魚は責任持って食べます。


TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト

作中の堤防部では釣った魚は美味しくいただくってのがルールらしく、毎度釣ったら唐揚げになったりとすごいうまそうな料理に!

海釣りって釣ったら大概食べられる魚が釣れるのが魅力の一つですね笑

堤防部なんか学校にあったらめっちゃ入りたいって思いましたよ笑

釣りが題材の作品だと思って敬遠している人は日常のほほんコメディですので是非!

ついでに釣りの魅力もたくさん詰まっているのでやってみたくなること間違いなしです!

まとめ

日差しが眩しい暖かい日に釣りに出掛けたくなるそんなアニメ【放課後ていぼう日誌】

ながら見にも最適で親子で見たいドラえもんやクレヨンしんちゃん的な緩い感じがたらまない作品になっていますのでおすすめです!

2020年春アニメの他の作品が気になる方はっこちらの記事を参考に選んでみてはどうでしょう。

釣った魚は釣った本人が締める。それが釣ったことの責任たい。

ヤサイマンでした!




シェアしてね(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー