争いの先に何を感じるか『ノーゲーム・ノーライフゼロ』

出典:ノーゲームノーライフ・ゼロ公式サイト
PVアクセスランキング にほんブログ村

このアニメを見た後の感動そして…

これは記事にするの難しいなぁ…

って感情をどうしても皆さんに伝えたい。

どうも!アニメブログライターをしております釣極堂と申します!

ところで皆さんは学生時代、読書感想文は得意でしたか?釣極堂は全然得意で無かったのだけれど…

今思うと読書感想文とライター業ってほぼイコールなんですよね。学生時代は何書いたらいいかさっぱりわからなかった…

釣極堂のテーマとしてネタバレをできるだけ排除する。ってのを皆さまと勝手にお約束してるのですがもう一つのテーマは観た後の感情や気持ちの言語化これに尽きます。

つまりは読書感想文のそれですね。夏休みの難敵のひとつです。

今回はこれが特に難しいと感じた作品でして…前作にあたるノーゲームノーライフを観たあと割とすぐに劇場版も観たのですが今の今まで記事にするのを控えてました…

そして内容を語りすぎても面白さが損なわれる作品だとも感じていて記事にするのが難しすぎると…

前作の記事はこちら

こんな面白いアニメあったんだ…ノーゲームノーライフ | アニ猫ブログ (hennayasai.com)

なので今回はライター業を放棄してなんとか記事にしていきたいと思っています。(白目)

さぁ紹介を始めよう!(言いたいだけ)

※本記事ですが書き始めてからかなりの日数が経っています。それほど難産だった記事で今も納得いった記事になっていません。何度も推敲して手直ししてきたのですが現段階ではこれが限界でした。ファンの皆様これから観ようという皆様お許しください。

最初に

前作を観た方は是が非でも観ましょう!!

まず本作ノーゲームノーライフゼロは前作の過去のお話です。

なので残念ながら空白コンビは事実上は出てきません…

言ってしまえばディスボードの黎明期と言いますか創世記を描いた作品で。

近いところで言うと日本昔話とか北欧神話がかなり近いかと思います。

ただし、前作ノーゲームノーライフの様なコミカルなギャグ要素は控えめで待っているのは凄惨な戦争の物語です。

だからこそノーゲームノーライフでの争いごとに暴力を伴わないって所に繋がるんですね。

名作映画を観たような気持ち

見終わったあとあーこれは記事にするのが難しい…いや、あんまり記事にするのが前向きになれないっと思いました。

なぜかと言うと正直この感動を説明すること自体が無粋だなと今回ばかりはおい!仕事しろよ!って言われてもしょうがないのですが。

フォレストガンプ一期一会とか観た後に能書きを垂れるのって無粋だと思いませんか?

いや無粋と言うか野暮に近いかも知れません。

※名作映画 例に出しただけで直接関係はないです。

胸に押し寄せる感動、とにかく観て欲しいそんな気持ちにさせる長編アニメ映画だったのは間違いないです。

なんか変なこと書いて先入観を与えたくないって感情が近いかも知れません。

好みかどうかと素晴らしい作品か否かは必ずしも関係ない。

前述のとおり凄惨な戦争の描写がある本作品ですが当たり前に観ていて気持ちの良い物ではありません。

釣極堂も人が死んだりする作品とかあんまり得意ではないです。

今回は建国までの話と言っても良く日本は戦国時代でも日本の中で争っていたので無いですけど世界の史実に目を向ければ建国の際にはかならず血なまぐさく悲しい戦争の歴史があります。

創作って基本は楽しい物が多いと思います。特にアニメだとエンタメ要素が多いのが事実だと思います。

しかし、架空の世界である創作でこの描写をすること自体に意義があったと思える作品で好きか嫌いかを超えた衝撃がある作品だと思いました。

正直な所万人が大好きになる作品かどうかは解らないですけど…

しかし、万人に刺さるなにかがある事は間違いない作品です

見終わったあとの感情の揺さぶられ方が他の作品と違うと言いましょうか。

虚無不可能それでも前に進む勇気種の尊厳アイデンティティの確立、一言では言えないテーマ性がありました。

作品としてのベクトルやパワーが少し他の作品とは違うのだと今なら思えます。

観て面白かったな。感動したな。だけでは終わらない作品です。

ノーゲーム・ノーライフから続けて是非見て頂きたい作品なのは間違いです。

最後に。

まとめるとコメディ要素が少ないノゲラで世界背景は凄惨極まる戦時中と言ったところなのですが…

今回の記事ですが、我ながらなんて内容が無いようと絶望に打ちひしがれてますが、これは内容をひた隠しにする事で逆にこの記事を見ている皆さんの視聴欲を煽るって作戦なんですよ実は。

嘘です。なんで読書感想文とか苦手だったのにライターしてるんだろう、語彙と表現力をつけたい…

前作であるノゲラにて一番最初に『生まれてきた世界を間違えたと感じたことはないか』ってメールがきたじゃ無いですか?あれ思い出すと鳥肌バーっと出てきますね。

ほんとケンタッキーに出荷されるとこでしたよ。

本当の最後に。

オススメしてくださったフォロワー様大変ありがとうございました。記事にするまでこんなに時間がかかってしまい大変申し訳ございませんでした。

お陰様で良い体験をさせて戴きありがとございました。

以上、釣極堂でした。




シェアしてね(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。